2016年8月2日火曜日

「想いアラタに」協賛のお願い

参加している工芸グループからのお願いです

私が所属する工芸作家グループ「月火水木金土日」が
今年の11月に、グループ最後となる東京都美術館での展示を
開催しメンバー一同様々な思いを持ってこの展示に挑んでいます。

しかし、入場料のない展覧会でありながら、見応えのある展示を実現させるためには
若いデザイナーに最低報酬で、できる限り安く、しかも見栄えのする材料調達等を

してもらってもどうしても見積以上の資金が必要となり、
展示にかかる費用の支援を募る運びとなりました。


☆誠に勝手ながら一口、3.000円よりご支援をお願いしております。


ただ、並べるだけの展示ではなく
工芸は古くから素材と向き合い、手業を重ね、
作品が作られてきたことに触れながら、
今の、そしてこれからの私たちも感じていただけるような展覧会を目標としております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「想いアラタに」協賛のお願い


時下 ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、平成28年11月26日(土)から12月6日(火)までの11日間

上野の東京都美術館において第3回都美セレクショングループ展「想いアラタに」を
開催する運びとなりました。
本展覧会は東京都美術館の「セレクション公募」によって選ばれた

工芸作家のグループ「月火水木金土日」による企画展です。
前年度に引き続き東京都美術館より選抜され、本年で4回目の開催となります。
世代もジャンルも違う工芸作家たちが集い、新しい展示会のカタチ、

そして先輩から学び後輩へ伝える作家としての「想い」を形にしたいと、
結成し様々なテーマで「想い」を形にするグループ展を3回開催、
限られた資金の中でできる限りの会場作りをし、ご好評もいただいてきましたが
今回はこれまで以上に、東京都美術館で一番大きなギャラリーAを使用して展示を行います。
今回の会場作りにおいて一番大切な、作品への道しるべとなる光を使った

展示設備や会場を彩る映像の機材が、当初の見積を大幅に上回り、
この度皆様に支援をお願いをせざるを得なくなりました。
この展示を今できる最高の展示にして、多くの方にご覧いただきたい!
そのためにはどうしても、多くの資金が必要となってしまいます。
ぜひとも本展覧会の主旨をご理解いただき、ご支援を賜りたく、ここに謹んでお願い申し上げます。


参加メンバー

泉さやか(陶磁)/ 小田伊織(漆工)/ 大木夏子(染色)/ 桂川美帆(染色)
 加藤富喜(染織)/ 小島秀子(染織)/ 狐塚崇子(木工)/ 佐藤典克(陶磁)
 鈴木祥太(金工)/ 蔦嶋薫(ガラス)/ 土屋直人(染色)/ 長谷川大祐(金工)
 濱野佑樹(陶磁)/ 前沢幸恵(陶磁)/ 森田麻里(染色)/ 雪ノ浦裕一(陶磁)


この度は二つの方法で支援をお願いしております


☆3.000円より、クレジットカードでもご支援いただけるクラウドファンディング(レディフォー) 

※クラウドファンディングにつきましては、こちらのページよりご確認ください
https://readyfor.jp/projects/kougei


☆直接振込 (1口3.000円からお願いしております。)

ゆうちょ銀行 〇〇八支店 2936326  トビセレクショングループオモイヲツナグ

9/26(月)23:00までに800,000円以上

を目標とした期限を設けました

私達の活動にご興味、ご共感いただけましたらぜひ

レディフォーの支援ページもご覧いただき
ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします
https://readyfor.jp/projects/kougei
わかりにくいことなどございましたらこちらにお問い合わせお願い致します。


<お問い合わせ先>

月火水木金土日「想いアラタに」実行委員会
連絡先: 047-366-8469/omoiaratani@gmail.com
作家一同、一丸となって、より多くの皆様にお楽しみいただけるような展覧会を

実現すべく、一層の努力を重ねる所存でございます。
誠に恐縮ではございますが、是非とも、事情ご拝察くださいまして

皆様方のご支持ご協力を何卒賜わりますよう、宜しくお願い申しあげます。 
メンバー一同
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0 件のコメント:

コメントを投稿